お問合せ可能時間 平日
10:00~19:00

Bright音 090-7350-4133

BLOG
ブログ

sungrove

2024.04.16 |ピアノ初心者の方へ

ピアノ習い始めにピアノを買うべき?電子キーボードとの違い

趣味でピアノを始める際、
購入するのは、お手軽な電子キーボードでもいいかな?
アコースティックピアノとどう違うの?
やっぱりアコースティックピアノを買った方がいいの?
そう思われている方も多いと思います。
本日は、アコースティックピアノと電子ピアノの違いについてお伝えします。

アコースティックピアノについて

アコースティックピアノは打楽器

「ピアノ」は、鍵盤楽器と思われがちですが、
厳密に言うと「打弦楽器」です。
鍵盤ハーモニカや、オルガンとは違って
鍵盤を押すと
ピアノの中にある、それにつながっているハンマーが動いて
弦を叩くことによって、音が出ます。


弦自体の音は、すごく小さいです。
ピアノの中に、響板というのがあって、
それがスピーカーの役割をします。

ピアノは、表からは、鍵盤しか見えないですが、
中は、テコと響板が設定されているのです。
ですので、ご存知のように、
一般家庭住宅では、音がすごく響きます。

アコースティックピアノの倍音

そもそも、音というのは、空気の振動です。
規則性のある空気の振動が、音として人間の耳に入ってきます。
その振動の速さによって、音の高さが決まります。
速さは、通常、1秒間の振動数をヘルツ(Hz)で表します。

人間に聞こえるのは、低い方の限界で15~20Hz。
高い方の限界で10000~20000Hzぐらいの範囲です。

弦楽器や、管楽器を演奏するとき、
目的の高さの音が得られると同時に、
その整数倍の音が、自然に発生します。
例えば、100Hzの音を演奏すると、200・300・400・・・・Hzの音も
同時に生じるのです。
それを倍音と言います。
人間の声等も、いくつもの倍音を含んでいます。

一方で、電子キーボードは、倍音を含みません。
「ド」を押さえたら、機械で作られた音の高さの「ド」の音だけが、電気の力で流れます。

個人的な意見ですが、
電子キーボードも良いけど、
アコースティックピアノの音を聴くと、
メロディーはさて置き、
その音だけで、「良いな~」と感じるのは、
倍音がしっかりと含まれているからではないのかな、と思います。

アコースティックピアノの防音

音には空気を伝わっていく「空気伝播音」と、
建物の床や壁など固体を伝わっていく「固体伝播音」があります。
ピアノの音は空気伝播音で伝わります。
上下や、隣の部屋に、放射線状に伝わっていく感じで、
壁を厚くしたり、窓を二重にすることで遮音効果が上がります。

ピアノは「個体伝播音」もあります。
ピアノの脚から伝わる振動や、足音などで苦情が来ることもあります。
そのためには、衝撃を吸収するマット等を敷く必要があります。

音の大きさだけではなく、
音の高さや伝わり方など、
音の特徴を知って、効果的な対策をする必要があります。

電子キーボードについて

電子キーボード、電子ピアノの仕組み

電子キーボードは、極端に言えば、電化製品です。
鍵盤の微妙な動きをセンサーが感知し、
デジタル録音されたグランドピアノの音をスピーカーから発音します。
デジタル技術で音の広がり感、余韻を表現します。

電子キーボードは音色豊富

電子キーボードは、ピアノ以外にも、
さまざまな楽器の音色が組み込まれています。

ボタン1つで、
ギター、バイオリン等の弦楽器や、吹奏楽器、
タンバリン、シンバル等のパーカッション、
ピアノ以外の音でも演奏ができ、
演奏のバリエーションが広がります。

機種にもよりますが、楽器本体に、
演奏の録音ができる場合が多いです。

電子キーボードの防音

電子キーボードは、
ヘッドホーンをつけて練習できるので、
アコースティックピアノほど、防音に気を使わなくていいと思います。

逆に、ヘッドホーンをつけていたら、
周りも音が聞こえないので、
同じ家に住む家族に声をかけられても、気が付きませんが。

そして、防音は心配ないと申し上げましたが、
1つ注意点があります。

それは、
キーボードをおさえる音です。
パソコンのキーボードを打つときに、カチャカチャと音がする感じに、
電子キーボードを弾く時も、カチャカチャと音がします。
夜は結構響きます。

電子ピアノと電子キーボードの違い

「電子ピアノ」↓

「電子キーボード」↓

 

卓上でお気軽に練習できるのは、電子キーボードですが、
電子キーボードの場合、本体にスピーカーが無くて、
アンプにつないで、アンプからでないと音が出ない機械も多いので、
購入する際は、注意が必要です。


ピアノとキーボードの初期費用とメンテナンス

アコースティックピアノにかかる費用

アコースティックピアノは、ご存知の通り、
中古は50万円くらいから、
新品で、1千万以上する物もあります。

更に、
防音対策も必要です。
メーカーに依頼して本格的に防音室を設置するとなると、
家の状況によりますが
100万以上かかる事が多いと思います。

そして、
アコースティックピアノは、
最低1年に1回は調律が必要です。

これも、調律師さんや、ピアノの状況によりますが、
1回、1万円前後が相場でしょう。

アコースティックピアノって、
費用がかかるなあ~と思われるかもしれませんが、
やはりその分、生の楽器の音は、深みがあって良いですよね。

電子キーボードにかかる費用

電子キーボードも、お値段は様々ですが、
1万円前後で買えるものもあれば、〇十万円する物もあります。

防音対策については、
ヘッドホーンを使用するのであれば、特に必要ありませんし、

アコースティックピアノに比べて、
家の中での設置スペースも確保しやすいと思います。
重さが、機種によってさまざまなので、
よく確かめて購入されたらいいと思います。

電子キーボードは、
調律の必要は一切ありません。

電子ピアノの販売価格も様々で、
7万ぐらいから販売されていると思われます。
調律は必要ありません。

電子キーボード、電子ピアノ、ともに、
安い機種は良くないというわけではありません。
ただ、
鍵盤のタッチで強弱をつける表現ができなかったり、
鍵盤の数が少なかったり、音色が良くなかったりします。
選ぶ時には注意が必要です。

店員さんに相談しながら、
値段と機能に納得がいくものを選ぶようにしましょう。

まとめ

家に楽器が無くて、ピアノを習い始めたいとお考えの方、
アコースティックピアノと電子キーボード、
どちらが正解というのはありません。

ただ、もしかしたら、
(こんな事は言いたくないですが(笑))
ピアノをすぐにやめてしまうかもしれないので、

まずは、お求めやすいお値段の電子キーボードを購入し、
ピアノをずっと続けて、アコースティックピアノが欲しくなったら
アコースティックピアノや、電子ピアノを購入することをお勧めいたします。

もちろん、
アコースティックピアノの音を聞くだけでも幸せな気分になりますので、
最初から、絶対やめない!と誓って、
アコースティックピアノを購入することも、否定しません。

いずれにせよ、
値段や機種に関係なく、
自分自身のモチベーションが上がる楽器を選ぶことが大切だと思います。

レッスン詳細はこちら☜

 

 

 

投稿者プロフィール

ぶらいと・おん
ぶらいと・おん
ポピュラーピアノ教室「ぶらいと・おん」講師

譜面にとらわれず、自由にピアノを弾けるようになるために、音楽理論を基礎から学びます。習得するまで、個人のペースに寄り添ってレッスンを進めます。オンラインレッスンも行っています。
Bright音