営業時間 第1・第3の水曜日と木曜日
11:00~17:00

Bright音 090-7350-4133

BLOG
ブログ

sungrove

2020.11.19 |スケールについて

メジャースケールについて

今週のレッスンは、まず、みんなでスケールを弾く練習です。

スケール…つまりは、音の階段。

ハ長調は、「ド」から始まるので、ドレミファソラシド。

次、ニ長調。「レ」がから始まるので、レミファソラシドレ。と、白鍵だけ弾いたら、、、あれれ?なんだか、ハ長調の時と何か違うような。。。


鍵盤をよく見てみましょう。






ドとレの間は、黒鍵が1つ入ってます。これを「全音」 といいます。レとミの間も、黒鍵が1つあります。全音です。

では、ミとファの間はどうでしょう?


黒鍵がありません。これは「半音」です。


ドレミファソラシドは、全音、全音、半音、全音、全音、全音、半音。と並んでます。これがメジャースケールの音の階段です。









レをスタートにして、白鍵だけ弾くと、




全音、半音、全音、全音、全音、半音、全音。となります。メジャースケールとは違う階段になってしまいます。


メジャースケールの 階段と同じにするために、

レとミの間→全音。

ミとファの間は半音なので、全音にするために、ファのシャープ(♯)を弾きます。これで全音。






ファ♯とソの間→半音。ソとラの間→半音。ラとシの間→全音。シとドの間も、白鍵だけだと半音なので、ドのシャープを弾いて、間を全音にします。




ド♯ とレの間→半音。


そうすると、レとミの間から順調に、

全音、全音、半音、全音、全音、全音、半音。


これで、ニ長調のメジャースケールの完成です✨


同じように、ミの音スタートのホ長調、ファの音スタートのへ長調…メジャースケールの階段を作ると、こうなります↓







レッスンのスケール練習では、みんなでハ長調、ニ長調…と1回ずつ弾いてどんどん進んでいいます。ニ長調は、「ファ」と「ド」がシャープ。次のホ長調は、「ファ」と「ド」と「ソ」と「レ」がシャープ。ヘ長調にいたっては、シがフラット(♭)







これは、脳トレになりますね〜😁👍✨


マイナースケールというのもありますが、その説明はまた次回。


Bright音のレッスンでは、完璧に弾けなくてもいいのです。完璧に弾けなくても、脳トレになるので、それでいいのです😌


1回目はゆっくり、2回目は早く弾きます。

こうやって、みんなで楽しくウォーミングアップをしてから、一人ずつ順調に、それぞれ練習してきて頂いた曲を聞かせて頂きます。その間、他の生徒さんは、自分の練習タイムに入ります。練習のペース、曲の仕上がりのペースは人それぞれです。どんなペースでもオーケー👍


これが、Bright音(ブライトーン)のレッスンです。


Bright音